ベトナム料理レシピ:おぼろ豆腐のジンジャーシロップがけ

yuki

おぼろ豆腐のジンジャーシロップがけ

 

 

image

 

涼しくなってくると温かいものが食べたくなりますよね。
(押し付け?)ベトナムでは別に暑かろうが、涼しかろうが路上で売られているおやつですが、おやつとして以外に朝ごはんとして食べることもあります。

この柔らかめの豆腐はベトナムではもともと食用の石灰を使って豆乳を鍋の中でゆるめに固めるレシピで作ります。(現在では違うケースもありますが。)豆腐が固まるまで数時間。
固まれば、大きなスプーンで掬ってお茶碗に入れて、ジンジャーシロップをかけて食べます。

シロップにタピオカのお餅を加えたり、シロップを加えた上にココナッツミルクソースをかけて食べることもあります。
「シンプルなもの」というよりは、あれも、これも時間をかけて作って、、割と色々手をかけているおやつ、どちらかというと家庭のおやつ、というより商売のために作るようなもの、外から買ってくるもの、というイメージが私の中にはありました。

とはいえ、日本ではおぼろ豆腐が手に入るのでおぼろ豆腐を温めて、ジンジャーシロップをかければ簡単にできるので、ぜひ一度試してみてくださいね。
[ 材料 ]2人分
・おぼろ豆腐 1パック
・生姜 30g
・砂糖 大さじ3
・水 1/3カップ
・片栗粉(くず粉) 小さじ1.5
[ 作り方 ]

1.おぼろ豆腐は常温に出しておき、鍋に熱湯を沸かして火を弱めてふつふつとしているところに
豆腐を入れて温める。

2.別の鍋に水、砂糖、生姜の千切りを入れて火にかける。沸騰してから2ー3分煮て
水溶きの片栗粉を糸を垂らすように少しずつ加えてとろみをつける。

3.温めたおぼろ豆腐の水気を切って温めておいた器に入れて(2)のジンジャーシロップをかけ
る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です