レシピ :ベトナムの塩漬け柑橘 と塩漬け柑橘ジュース

yuki

塩漬け柑橘 の作り方

塩漬けかんきつ

柑橘がリーズナブルな時に大量に作っておくとよいでしょう。
1ヶ月後くらいから使えますが寝かせるとより美味しくなるように思います。

ベトナムでは柑橘 チャインが旬の時期に保存食として、また暑気払いの飲み物用に作ります。路上の喫茶店などでもわりと定番のメニューです。

水で割って飲みますが、個人的には炭酸水で割ったほうがより飲みやすいかと。
暑い日々の塩分水分補給に、熱中症対策に1瓶お家にいかがでしょうか。

作り方も材料もとてもシンプルです。(ちなみに写真はレモン、すだち、みかん、かぼすなど色々混ぜてみています。)

[ 材料 ]
・好みの柑橘(すだち、かぼす、ゆず、レモン、ライムなど) 1kg
・塩 500g

・塩(分量外)

あれば、みょうばん

[ 作り方 ] 保存瓶は熱湯消毒かアルコールスプレーで消毒しておく。

1.柑橘は洗って水気を切る。周りに塩をまぶして、すり込むようにして皮の
表面を削るようにする。もう一度、真水で洗う。

2.あれば みょうばん 小さじ1程度を混ぜた水1リットルに 柑橘をつけて1時間ほど
おいておく。 また、真水で洗う。

3.塩を柑橘の周りにまぶしつけてから、塩、柑橘、塩、柑橘の順に重ねていく。
水を注いで柑橘が浸かるようにする。

4.1ヶ月後くらいから使える。

*好みで、塩漬けしたものを取り出して、さらに砂糖漬けにしてもよい。
*(1)で出た 柑橘がの塩はバスソルトにしてもよいでしょう。

塩漬け柑橘ジュースの作り方

CHANMUOI

[ 材料 ]1グラス分

・塩漬けの柑橘 1ヶ分
・フレッシュの柑橘 1/2ヶ
・砂糖 大さじ1/2〜
・炭酸(水) 適量

[ 作り方 ]

1.塩漬けの柑橘はみじん切りにする。

2.グラスに(1)、フレッシュの柑橘の薄切り、絞り汁、砂糖を入れてよく混ぜる。

3.炭酸水か水を加えてよく混ぜて提供する。

2件のコメント

  1. レシピありがとうございます!
    カンボジアでライムの塩漬けの入った料理を食べました。庭に出来る花柚の実で塩漬けが出来たらいいなぁと思っていたのです。早速試して見ますね(*^^*)

    1. ぜひ、試してみてくださいね。フィードバックもお待ちしてますー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です